top of page
検索
  • 解決 サポート

大半の引きこもりを行政が支援しない理由

更新日:2023年9月11日

 引きこもりの方の多くが医療の診断を受けていないのでメンタルを病んでいても病名もつかない。  発達障害などの診断も受けず認定もされていない。  なので支援をするのに必要な部署も決まらないし支援をする法的な名目がない。


 逆に支援を受けるには、その名目を作らないといけません。  そのために障害名や病名を確定させるための調査を手伝ったり、その調査内容の説明のための同行をサービスとして提供しています。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

SNSのお金プレゼント企画で受け子に。闇バイト

闇バイトと思わずに特殊詐欺の受け子にされてしまうことがあります。 SNSでお金配り企画というものがあります。 お金をくれるならありがたいと振り込み口座を教えると2万円振り込まれました。 次に200万円振り込まれます。 「間違って振り込んでしまったから返して欲しい。お礼に10万円はあげます」と。 それで190万円を下ろして返しに行ったら 警察が来て息子さんが逮捕。 特殊詐欺の受け子として逮捕されたの

またニートが殺人

28歳ニートがまた殺人事件を起こしています。 引きこもり全体の中で犯罪を犯すのは0.2%と言いますが 引きこもりで確認できている人数が146万人なのでおよそ3 千人の犯罪者予備軍がいることになります。 多くは犯罪を犯さないとしても、その3千人の中に自分の子供がいたら家族は崩壊します。 地域に住み続けることもできません。 また引きこもりの半数以上は引き出し屋など現在は違法とされている方法でアプローチ

自分の子供が闇バイトに関わっていませんか

急に子供の金回りが良くなった時には注意が必要です。 男の子なら闇バイト、女の子なら売春に手を出している可能性があります。 一度しっかり調べてみることをお勧めしています。 今の時代は全国どこでも他人事ではありません。 https://news.yahoo.co.jp/articles/868316e9625ac7b41e22d508ae04c07a133c5f89 #家族問題解決センター #闇バイト

Comentarios


bottom of page