top of page
検索
  • 解決 サポート

引きこもりの行政相談の準備

 もしも家族が引きこもり状態で行政に助けてもらいたい場合には


 事前に発達障害であれば、その診断をしてもらっていると話が通りやすいですよね。

 精神疾患であれば精神科で診断を受けていると話が通りやすいです。

 でも当事者が発達障害を認めない、精神疾患を認めない場合に無理やり病院に連れて行くことは難しいですよね。


 なので行政に相談をする前に当事者の協力は得られないが明らかに精神を病んでいる証拠を集めるお手伝いをしております。

 また、その証拠の説明のために行政相談の際に同行することもオプションでやっております。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

SNSのお金プレゼント企画で受け子に。闇バイト

闇バイトと思わずに特殊詐欺の受け子にされてしまうことがあります。 SNSでお金配り企画というものがあります。 お金をくれるならありがたいと振り込み口座を教えると2万円振り込まれました。 次に200万円振り込まれます。 「間違って振り込んでしまったから返して欲しい。お礼に10万円はあげます」と。 それで190万円を下ろして返しに行ったら 警察が来て息子さんが逮捕。 特殊詐欺の受け子として逮捕されたの

またニートが殺人

28歳ニートがまた殺人事件を起こしています。 引きこもり全体の中で犯罪を犯すのは0.2%と言いますが 引きこもりで確認できている人数が146万人なのでおよそ3 千人の犯罪者予備軍がいることになります。 多くは犯罪を犯さないとしても、その3千人の中に自分の子供がいたら家族は崩壊します。 地域に住み続けることもできません。 また引きこもりの半数以上は引き出し屋など現在は違法とされている方法でアプローチ

自分の子供が闇バイトに関わっていませんか

急に子供の金回りが良くなった時には注意が必要です。 男の子なら闇バイト、女の子なら売春に手を出している可能性があります。 一度しっかり調べてみることをお勧めしています。 今の時代は全国どこでも他人事ではありません。 https://news.yahoo.co.jp/articles/868316e9625ac7b41e22d508ae04c07a133c5f89 #家族問題解決センター #闇バイト

Comments


bottom of page